大人女性のためのイメージコンサルティング

骨格診断ウェーブタイプ

 
  2018/09/26
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
表参道イメージコンサルティングサロンBelle Phareのオーナーです。パーソナルスタイリスト&メイクインストラクター。日々の好きなファッション・メイクなどの情報を、「似合う&お洒落」の観点から発信していきます。パーソナルカラーはウインター・骨格ストレートです。
詳しいプロフィールはこちら

骨格診断ウェーブタイプ

骨格診断ウェーブのポイントは?

 骨格ウエーブスタイリングのポイントは、「重心」を上げることになります。下記全てを取り入れる必要はなく、一点でも意識することで見え方が変わりますので、バランスを取ってみてください♪

※ちなみに、骨格診断とお洋服のテイストは、あまり関連性がございません。同じ骨格でもお顔のタイプも違いますし、骨格診断は着こなしのポイントが大切です。

スタイリングポイント①

一番簡単なスタイルアップ法♪ウエスト位置は高めにしてみましょう

重心位置が下方なので、ハイウエストにするとスタイルアップします。ハイウエストのボトムは得意です。また、ベルトやリボンなどポイントが上の方にあるボトムも◎

 

スタイリングポイント②

着丈は短めにして目線を高く

ショート丈カーデなど短めのアイテムは重心が上に上がりスタイルが良く見えます。全て短めのアイテムを着るというよりも、トップスやボトムスの着丈をどちらか短めにすると良いでしょう。例えば、ロングボトムのときはトップスをインして短めに作ります。長めのトップスの場合、ボトムは8部丈などをセレクト。それでもさらにバランスアップしたい場合は、短めのネックレスは便利なアイテム♪コーディネートがバランス良く、きれいに纏まります。

ウェーブタイプの方で肩が華奢な方は、上記のようなマントスリーブも重心が上がりスタイルアップに繋がります。

 

スタイリングポイント③

サイズ感はぴったりめのもの

ボティーにフィットしたデザインでスタイルアップします。骨格が華奢な方が多いので、全身メンズライクなシルエットは着られているように見えることもあります。ゆるいシルエットのお洋服を着る場合は、ボトムはすっきりするなど全身ゆるゆるにせずにどこかすっきりすることがポイントです。もしくは、着丈が短かったりハイウエストにするなど他でカバーしてみてください♪

 

スタイリングポイント④

ウエストマークの着こなし

やや高めの位置でのウエストマーク(ウエストを高めの位置に見せるということ)は、ウェーブタイプが簡単にスタイルアップすることが出来るテクニックです。トップスに限らず、アウターやワンピースなどでも高い位置にシェイプが入っているとスタイルアップに繋がります。

ボトムのライン

ボトムは着太りすることなく、幅広くお似合いになります。(タイト〜ふんわりラインまでOK)ウェーブタイプの方の中には、腰横辺りの張りが気になるという方もいらっしゃいます。そういった場合腰回りのボリュームカバーには、タックが入ったデザインを選ぶとすっきりと見えます。

胸元の装飾

フリルやギャザーなど、デコラティブなデザインをキレイに着こなすことができます。胸元が深く空いているタイプのトップスはさみしく見えてしまったり、重心が下に下がりバランスが取りづらいこともあります。そういった胸元が深く空いているものを着る場合は、ネックレスを+するとカバーされます。

骨格診断は同じタイプでも一人一人特徴がありますので、その辺りは診断でじっくりお伝えしております。ご覧いただきありがとうございました♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
表参道イメージコンサルティングサロンBelle Phareのオーナーです。パーソナルスタイリスト&メイクインストラクター。日々の好きなファッション・メイクなどの情報を、「似合う&お洒落」の観点から発信していきます。パーソナルカラーはウインター・骨格ストレートです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Belle Phare Blog , 2018 All Rights Reserved.